最強のTwitterクライアント…ではないけど、投稿/URL共有特化Chrome Extension作った

世間ではElectron使った「最強のTwitterクライアント」開発戦争が勃発していますね。 それに触発された、というわけでもありませんが、Chrome用のTwitter投稿Extension作ったので紹介します。 "Omnitweety"と言います。 機能紹介 Omnitweetyは、ChromeのOmnibox(アドレスバー)からの投稿を可能にするだけの、シンプルなTwitterクライアントです。 機能は下記の3つです。 Omniboxから投稿 Omniboxから、今見ているサイトのURLを投稿 Omniboxから、今見ているサイトのURLをコメント付きで投稿 1. Omniboxから投稿 Omniboxにフォーカスをあわせて(Macだと Cmd+L でOmniboxにフォーカスが移動します)、tw + tab/space と入力すると、Omniboxの入力モードになります。 続けて文字を入力すると、

Chrome Extensionをウェブストアに公開する

ChromeのOmniboxからTwitterに投稿するやつを作った時に調べたのでまとめておく。 1. 開発者登録 まずは開発者登録が必要。 Chromeウェブストアにアクセスし、右上のメニューから「ディベロッパーダッシュボード」へ。 開発者登録には5ドル必要なので、まずは粛々と5ドル払う。 同じページの下の方で、ディベロッパーアカウントの表示名等を変えられるので必要に応じて編集する。 2. 拡張機能をアップロード 作成した拡張機能をzipで圧縮してアップロード。 ディベロッパーダッシュボードの「新しいアイテムを追加する」ボタンからアップロードできる。 アップロードすると、いろいろ詳細情報を記入するページへ遷移するので、必要な箇所を適当に埋めましょう。 入力が終わったら一番下の「公開」ボタンを押せば、公開されます。